コロナ 中国 責任。 中国に試練 新型コロナウイルス感染「封じ込め」の次に待ち構える「責任論」(西岡省二)

米国で連発、新型コロナ拡散で中国相手に集団訴訟 感染拡大の原因追及に立ち上がったネバダの腕利き弁護士(1/3)

米国では湖北省武漢市にある研究所から新型コロナが流出したという見方が提起されている。 地元メディアには「米情報機関」のリークがあふれ、米中間にはきな臭い空気も流れた。 趙立堅報道官のツイートは、明らかに隠蔽工作を含む初動のミスを誤魔化そうとしているのは見え見えで、中国やロシアなど以外ではこうした情報操作は一蹴されている。 ネバダ州、フロリダ州、テキサス州では、弁護士組織、企業が集団訴訟を立ち上げ、ミズーリ州では州司法長官が訴訟を起こしている。 アメリカのドナルド・トランプ大統領もツイッターに「世界規模での大量 殺戮 さつりくを行ったのは他でもない『中国の無能さ』だ」などと投稿し、中国批判を繰り返している。 22 2019年11月に武漢で感染が始まった新型コロナウイルスは、2020年2月に入ると世界中に感染が拡大して多くの犠牲者を出し続け、いまだに収束の兆しがみ[…]• 一党独裁国家らしい中国の異様さが伝わってくる。

Next

共和党議員、「中国はコロナ被害を賠償せよ」と主張 日本も中国への責任追及を

それでも武漢などで政府の対応に不満がくすぶっていると見たのか、3月10日には習主席自ら、感染拡大後初めて武漢入り。 外部サイト. * * * アメリカの中国叩きが凄まじい。 都合が悪い情報があっても、中央に伝えないという悪弊も生じているようだ。 すでに日本にも多数の中国人が来ており、武漢市から旅行で訪れた40代男性が26日、新たに感染が確認された。 インド法曹協会会長アディッシュ・アガーワラは、「中国は人類を滅ぼす生物兵器を秘密裏に開発している」として相応の賠償を請求できると発言している。 「中国たたき」で先頭に立ってきた米国だけでなく、英国などからも中国を恨む声が出始めたためだが、中国紙は「雑音」と強く反発している。

Next

中国、コロナ大恐慌で世界から排除…追い詰められた習近平が他国に戦争を仕掛ける可能性も

2019. 新型肺炎は、習政権の足元を直撃するのか。 中国本土で22日に確認された新型コロナウイルスの新規感染者が「1人もいない」つまり「新規感染者ゼロ」というものである。 謎の解明は科学のアプローチに委ね、本稿では国際的な批判の高まりの裏側に目を向けて行きたい。 さらにおかしいのは、中国では1月23日に最初に感染の起きた湖北省武漢市をロックダウン(都市封鎖)し、2カ月半後の4月8日にその封鎖を解いたが、5月に入って武漢市や吉林省で集団感染が起きている。 当局による対応の誤りで感染が世界に広がったとして、数十億ドル規模の損害賠償を求める。 中国の雑誌「財新」でさえ、失業は2億人と見積もっている。

Next

責任者は「新型コロナウイルス開発者」と報道の人物…中国、科学者1千人集めワクチン開発

そうでなければ不公平だ。 動機は自国の感染対策で出遅れ、大統領選挙にも不利になったからだ。 2019年11月に武漢で発生した新型コロナウイルスは、2020年に入ると世界中に拡散して多くの犠牲者を生み出してきました。 その金額は当然、巨額となるが、支払いの一策としては中国政府が保有する米国債をキャンセルさせるという方法も考えられる。 しかも、この話題の恐ろしいところは、今後どこでどんな感染症が始まるのか、その発生のメカニズムもきちんと解明されていないのに、突然当たりくじを引いた国が恐ろしい賠償金の対象にさせられるかもしれないということだ。 中国では共産党独裁によって社会に秘密主義がはびこる。

Next

米国で連発、新型コロナ拡散で中国相手に集団訴訟 感染拡大の原因追及に立ち上がったネバダの腕利き弁護士(1/3)

新著『覇権・監視国家-世界は「習近平中国」の崩壊を望んでいる』(ワック)が話題のノンフィクション作家、河添恵子氏は 「世界の専門家が 『新型肺炎の感染は簡単には落ち着かない』 と思わせる分析を出すなか、今春の 『国賓』 来日は厳しい可能性もある」 「ただでさえ、中国国内の経済状況が苦しいのに、初期段階での対応を怠った」 「隠蔽体質で 『人命を疎かにしている』 という点で、世界各国にも攻めどころがある」 「事態が深刻になれば、閉鎖された武漢などで暴動が起きたり、反習氏勢力によるクーデターが発生することも考えられる」 「習氏は、死ぬか生きるか、絶体絶命のところに来ているのではないか」 と語っている。 在中国日本大使館は帰国希望調査を開始。 指導部が政策判断を誤って国民の生命と財産が脅かされたとなれば、習主席に対する国民の信頼は失墜し、求心力が急落することになる。 日本人はお人よしだが、とても習氏を歓迎する気持ちにはなれない。 国営メディアは、習主席が国民の利益を最優先としながら「人民戦争」を指揮している様子を繰り返し伝える。 アメリカ国内の中国資産の差し押さえなどの具体案などにも触れている。

Next

中国はコロナウイルスをどう責任とるのでしょいか?

遠藤氏が続けた。 全体会議では中国各地から集まった約3000人の代表全員がPCR検査を済ませてからマスクを着用して出席。 トルコでは大学生が中国大使館へ賠償請求の書簡を送っている。 習主席も3月16日発行の党理論誌「求是」に寄稿した論文で「病原がどこから来て、どこに向かったのか明らかにしなければならない」と訴える。 日本では4例目だが、中国本土以外では50人以上が感染している。 中国の至るところで失業者があふれ出し、暴動予備軍となっている。

Next

米国で連発、新型コロナ拡散で中国相手に集団訴訟 感染拡大の原因追及に立ち上がったネバダの腕利き弁護士(1/3)

サーズは広東省を起点とし、同じく新種のコロナウイルスと特定された。 4月21日にはスコット・モリソン首相が「コロナウイルス感染に関する中国政府の責任の解明と追及」を進める方針を発表した。 ・中国政府の隠蔽工作や虚偽情報発信こそが今回の世界的な感染を生んだ。 中国国内の死者はこれで合わせてわせて106人となります。 これまで親中路線を歩んだアンゲラ・メルケル独首相も「情報の透明性が必要」と中国を諭した。

Next

中国外務省、「エイズ責任追及したか」 新型コロナ拡散、米に反論:時事ドットコム

さらに13日には、新型コロナウイルスは、中国ではなく米国の製造した生物兵器であると指摘する記事をリツイートした。 3月16日にも中国外交トップの楊潔チ・共産党政治局員がポンペオ長官と電話で会談したものの、中国側は「米側の一部の政治家が、中国と、中国による感染抑止の努力を中傷している」と批判。 14年• 毎年高度成長を遂げて弾丸列車のように驀進してきた 中国経済に急ブレーキがかかった。 これは、いかなる国の裁判所も他国政府が感染防止・抑制面で講じた主権行為に対して司法管轄権を全く有しないという「主権免除」の原則を打ち消すための動きだと解釈される。 本来、疑うに足る情報ならばさっさと公開すべきだが、それもせず、ただ「情報機関」という響きに真実性が与えられて独り歩きする流れは、イラク戦争へと向かっていった過去を彷彿とさせる。 中国外務省の報道官が、米軍が自国にウィルスを持ち込んだ可能性に触れたことに関し、「我々の軍隊がウィルスを中国に持ち込んだという偏見が生まれる」と否定した。

Next