転生 ごとき で 逃げ られる と でも 兄さん。 転生ごときで逃げられるとでも、兄さん? (MF文庫J)

『転生ごときで逃げられるとでも、兄さん?』の詳細情報(N7437DJ)

境遇に同情できなくはないけど、それでも子供の手足を面白半分に切り刻んでる連中の首魁には違いないし。 ……兄さん、み~つけた💛」 というセリフとまんまフィルのシルエットが 描かれています。 理不尽極まる残虐な行為を繰り返すヤンデレ妹の魔の手から逃げると言う話ですが、ここまで残虐なのは新鮮で面白く読めました。 そう、一緒に死んだ妹も、この世界に転生しているのだ。 最弱職のノエルが大組織の幹部までも驚嘆させるのは、まさに痛快の一言だよ! 神々が争った末に一柱の神が勝利を得て、異教の神格たちは、勝利した神の信徒の奴隷となることを強要される。 高校卒業から5年間、妹に監禁されていた俺は、やっとの思いで逃げ出した矢先にトラックに轢かれ、 異世界に転生。 出来れば少年期の終わり このペースでいけば四巻辺りだろうか まで一気に読んで欲しい。

Next

『転生ごときで逃げられるとでも、兄さん?』の詳細情報(N7437DJ)

序盤の猟奇的で異常な妹との描写や、それをバックボーンにした主人公の行動などは良かったものの、終盤のとっちらかりや消化不良感が強すぎて、面白くなっていくらしい以降の巻にはあまり食指が動かない。 3,770 views• しかし、異世界に転生し、新たな名前と人生を手に入れ、悪魔のような妹から解放されたはずでしたが、なんと一緒に死んだ妹も、この世界に転生していて……!? それは転生する前、同じく7歳の頃に出会った少女。 660 views• 2,030 views• すると商人にも同い年の娘(フィル)がいるとの事。 ちなみに僕は何も考えてなかったので 気付きませんでした💦 かなりの序盤で兄は妹の存在に気づき そこからバトルが始まります。 1,330 views• この世界の総人口数によっては下手すると七十二柱しかいない精霊本体が宿る確率より低いんじゃないだろうか。 そんな苦境に対しては、彼の大きな武器のひとつ、大胆不敵な「話術」が光るんだよ。

Next

この妹が怖い! 『転生ごときで逃げられるとでも、兄さん?』発売

ですが面白い作品であることは間違いないです。 1巻ではバトルを終えてから、妹は出てきていませんので もしかしたら、カラーページはミスリードの可能性が…… あるかな?いや、たぶんないと思う。 完全に惚れさせてからサプライズするつもりなのか それとも、途中でボロがでてしまうのか 少し気になるところです。 690 views• タイトル通り「前世の妹が異世界から追いかけてくる」と言うコンセプトの話ですが、ラブコメ的な展開ではなくガチのバトルで話が展開されていきます。 1,670 views• いつもラノベはテキスト読み上げ機能で聴いているので、こう言う形式は勘弁してください。 だが、今の俺には神様にもらった、世界最強クラスの力がある。 兄1歳 vs 妹15歳 兄は身体的に圧倒的不利…… 約30pにも渡る長い闘いの末、 兄は勝利、妹は死んで再転生する事に。

Next

転生ごときで逃げられるとでも、兄さん? (MF文庫J)

770 views• 絵がなかったら買わなかったと思います。 伏線の張り方、回収の仕方、伏線を伏線と気づかせない巧みな作者で恋愛描写にも定評があるので、「なろう」や「異世界」に抵抗が無ければ楽しめると思います。 山場は妹襲撃~誘拐です。 しかし、兄は気付きません。 2巻出てください。

Next

[紙城境介] 転生ごときで逃げられるとでも、兄さん? 第01巻

けれど、ノエルが最弱職っていうのは動かしようがなくて......。 1,860 views• sinoobi. 660 views• 730 views• 物語の発想は面白いです。 たとえ全体の5%程度でも商品説明の欄に「テキスト読み上げ機能有効」となっているのにも関わらずこの仕様は非常にストレスが貯まります。 1,180 views• 700 views• というかたまたま主人公をさらった悪党がたまたまトリックに使っていた双子がたまたま全臓器反転症でトリックが暴かれるってどれくらいの確率なんだろう。 持たざる環境に生まれた人が、それでもと力を尽くしてる姿って、やっぱり熱いものを感じるんだよね。

Next

転生ごときで逃げられるとでも、兄さん?|紙城境介, 木鈴カケル|キミラノ

ではここまでお付き合い頂き、ありがとうございました。 700 views• 1,040 views• 760 views• 盗賊のボスも最初は舐めプして最初にナイフで使ってたら勝てたであろう技を使わないばかりか、落ちたナイフをすぐに拾える能力があるのに拾おうとせず、次は油断しないと自分に発破かけてるわりに主人公が(通常使えない代物とはいえ)武器拾うのを何もせず見ているのも都合のいい展開に見える。 人間色々あるというのは分からなくもないけれど、作劇での役割としては最後のそれでえらくぼんやりしてしまった気がする。 最後にフィルの精霊術だけ触れておきます。 対峙する敵の弱みを的確に突き、知略と胆力だけで相手を翻弄。 1,120 views• 1,070 views• あらすじやサンプルを読んでいただけるとわかると思いますが、とても癖の強い作品です。 なすすべもなく敗北する軍、踏みにじられる人たち……そういう暗さを目にしていたぶん、そんな流れを一機で変えてくれるユウの活躍がたまらなく痛快だよ! 銃器や各兵器の名称や特徴がしっかり書かれてて、ミリタリー好きにもオススメ。

Next