アダマ シア デッキ。 魔救(アダマシア)のすすめ

魔救(アダマシア)デッキレシピ、各カード紹介 │ B.M.トレカカルテ ブログ

加えてのを「を鉱山に見立てて発掘するような」としており、このあたりはらしいといえるだろう。 アダマシアチューナーその3。 基本展開から分岐します。 2 :1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。 効果使用後のドラグーンを戻したり出来るのは優秀ですね。

Next

【アダマシア デッキ】カード効果13枚,デッキレシピまとめ

参加・興味のある企業様等はメールにてご連絡ください。 jyukijyuki. さらに、デッキから神属性モンスター1体を手札に加えるか特殊召喚できる。 1 :相手がモンスターを召喚・反転召喚・特殊召喚する際に、 このカードをリリースして発動できる。 残りのカードは好きな順番でデッキの一番下に戻す。 その中からチューナー以外のレベル4以下の岩石族モンスター1体を選んで特殊召喚できる。 先行展開の場合だとアダマシアチューナのみからスタートした場合はリンクロス+I:Pマスカレーナ+レオナイトぐらいでターンを返すことができますね。

Next

新規テーマ『アダマシア』デッキレシピ紹介! / 広島店の店舗ブログ

そのカードを破壊する。 その中から岩石族モンスター1体を選んで守備表示で特殊召喚する。 例えば、リサーチャーとリリーブが手札にある場合、リサーチャーns、efデッキからレオナイトssできたとします。 蘇生制限を満たしていればシンクロモンスターも特殊召喚可能です。 ちなみに、「アダマシア」の効果からポッと出てくる「コアキメイル」達が私は大変苦手です。 この効果で「アダマシア」モンスターを特殊召喚した場合には、 さらにデッキからレベル4以下の岩石族モンスター1体を選んでデッキの一番上に置く事ができる。

Next

[遊戯王 大会優勝デッキレシピ]『ドラグマエルドリッチデッキレシピ』

特殊召喚するカード以外はデッキボトムに戻すため、その後の展開やめくり効果を狙う場合は注意が必要です。 その中から岩石族モンスター1体を選んで守備表示で特殊召喚できる。 《魔救の奇跡ードラガイト》では魔法・罠しか止められないため、同時に並べられれば強力な盤面が完成します。 1ターンに1度、相手の魔法・罠カードの発動を無効にする。 共通効果により、そのままシンクロ召喚やリンク召喚につなげることが【アダマシア】の基本展開となります。

Next

【魔救の奇緑/アダマシア・フレンズ】効果判明!「メガリス」等の岩石族他テーマでも使えそうですね

シンクロ召喚に繋げて追加効果を活かしてシンクロモンスターのデッキをめくる効果に繋げていきましょう。 あら不思議。 ただ、神子イヴが禁止になったために、簡単に用意できる水シンクロが思いのほかいないため、トップ戻し効果はあまり使わないかもしれません。 メタビでは使えそうですが、展開型においてはスペースが足りないので今のところ不採用です。 効果でオライオンSS。 使用用途としては魔救の追求者から無理やり動くことが可能です。

Next

【遊戯王】融合最強ドラゴンメイドVS強烈シンクロアダマシア 新制限デュエル!!【IVラボ】

めくったカードは好きな順番でデッキの一番下に戻す。 リサーチャーef、レオナイトめくってss。 構築について 私はあまり最近のカードを知らないのでたぶん見落としている相性の良いカードがあります。 1 :このカードが「アダマシア」カードの効果で特殊召喚に成功した場合に発動できる。 こちらもかなり優秀なカードで、他のアダマシアカードと共に岩石族デッキに出張できます。

Next

魔救(アダマシア)のすすめ

どうも皆さん、walp ヴァルプ です。 その中から「アダマシア」カード1枚を選んで手札に加える。 《魔救の奇跡ーレオナイト》(レベル6シンクロモンスター) …効果の概要:自分のデッキの上からカードを5枚めくる。 その中の岩石族モンスターの数まで相手フィールドのカードを選んで 持ち主の手札に戻す事ができる。 その中の岩石族モンスターの数まで相手フィールドのカードを選んで 持ち主の手札に戻す事ができる。

Next

【デッキ紹介・考察】魔救(アダマシア)のススメ

アダマシアのモンスターは鉱物を探索するアダマシアモンスターと探索される側の 鉱物カードに分かれています。 ですので今回紹介する展開例に対して 「都合良すぎじゃない?」と思うかもしれませんがあくまで一例に過ぎないことはご承知おきください。 <メイン> 展開型の【魔救 アダマシア 】です。 展開ルート アダマシアは展開系ですがモンスターの効果で捲れるか捲れないかでかなり最終盤面に違いが出ます。 自分のデッキの上からカードを5枚めくる。 自分のデッキの上からカードを5枚めくる。 メインの 「アダマシア」モンスターは攻撃力が低いものの 「アダマシア 」シンクロモンスターは攻撃力が高いので、この3枚を入れてデッキの攻撃力を上げてみるのも良いでしょう。

Next