け もの ゆく 細道 歌詞。 椎名林檎と宮本浩次 『獣ゆく細道』リリース!

椎名林檎と宮本浩次『獣ゆく細道』歌詞の意味・解釈と考察

椎名林檎さん作詞の歌詞は、冒頭を除いて、綺麗に23行に収まるように綴られ、日本語の並びがとても美しく感じられるのです。 訝るとは 疑わしく思うこと。 デビューするかどうか悩んでいたときに、のを聴いて、「こんなに素晴らしい楽曲を作る人がいるのか」と感動して、日本に戻ってデビューする決意をした。 つまり繋がっていること。 獣になる 本能のまま生きる というのは 社会の配列から離脱するも同じ。

Next

椎名林檎と宮本浩次「獣ゆく細道」歌詞考察

同じ音です。 ただ今回は、作品の表記が なんで…。 いやあ林檎さん流石です。 今日仕事休んでデカイ病院来ました。 昨日、11月9日のMステに二人が登場し、宮本の狂気じみた(ファンからすればいつも通りの)パフォーマンスが放映されたことで、『獣ゆく細道』という曲について、さらには宮本浩次という人物について、もっと知りたくなった人も少なくないと思います。 貴方ゞは非常に頭が良いと信じて理解している前提でまとめに入りまっせ(笑)では、 の、背中押すための曲(笑)と 【獣ゆく細道】について纒めさせて頂きましたが、これはかなり オレ的個人的な主観が入っちゃってるものです(笑)だったらイイナってゆうかw。

Next

椎名林檎と宮本浩次-獣ゆく細道

この世は無常 皆んな分かつてゐるのさ 誰もが移ろふ さう絶え間ない流れに ただ右往左往してゐる いつも通り お決まりの道に潜むでゐるあきのよる 着脹れして生き乍ら死んぢやゐあないかとふと訝る 飼馴らしてゐるやうで飼殺してゐるんぢやあないか 自分自身の才能を あたまとからだ、丸で食い違ふ 人間たる前の単に率直な感度を頼つてゐたいと思ふ さう本性は獣 丸腰の命をいま野放しに突走らうぜ 行く先はこと切れる場所 大自然としていざ行かう そつと立ち入るはじめての道に震へてふゆを覚える 紛れたくて足並揃へて安心してゐた昨日に恥ぢ入る 気遣つてゐるやうで気遣わせてゐるんぢやあ 厭だ 自己犠牲の振りして 御為倒しか、とんだかまとゝ 謙遜する前の単に率直な態度を誇つてゐたいと思ふ さう正体は獣 悴むだ命でこそ 成遂げた結果が全て 孤独とは言ひ換へりやあ自由 黙つて遠くへ行かう 本物か贋物かなんて無意味 能書きはまう結構です 幸か不幸かさへも勝敗さへも当人だけに意味が有る 無けなしの命がひとつ だうせなら使ひ果たさうぜ かなしみが覆ひ被さらうと 抱きかゝへて行くまでさ 借りものゝ命がひとつ 厚かましく使ひ込むで返せ さあ貪れ笑ひ飛ばすのさ 誰も通れぬ程 狭き道をゆけ 「いつも通り お決まりの道に潜むでゐるあきのよる」 「生き乍ら死んぢやゐあないかとふと訝る いぶかる 」 「飼い慣らしてるようで飼殺してゐるんぢやあないか 自分自身の才能を」 といった歌詞により頭サビで描かれた自分の人生に疑問を持つ人々の姿がより具体的に描写されます。 だってそう、俺の本性は「獣」なんだから。 無けなしとはたったひとつの替えのないもののこと。 まとめ 椎名林檎さんと宮本浩次さんの『獣ゆく細道』は、特設サイトにて歌詞が公開されています。 獣を彷彿させるような内容です。

Next

【獣ゆく細道】考察② 歌唱の観点からの解釈。

喉壊してまでツアーとかマジでやめてくれな。 ふと目をやると秋の月。 (例えば、エレカシよりもずっと売れているミスチルを手がけていた小林武史さんと一緒にやったりとか)宮本浩次は「結果」に誰よりこだわりたい人。 特に宮本浩次を「ファウスト」、椎名林檎を「悪魔メフィスト」、ダンサーを「犬」と解釈する事で、歌詞と映像の解釈が一気に解像度上がるこの体験はすごかったです。 それを踏まえると、この 2番の歌唱の部分は林檎さん自身のことを唄っているように想います。 椎名は「こうしてアイデンティティを持ち始めた曲が、或る詩人の筆致を求めていることに、私はじき気付きました。

Next

獣ゆく細道の歌詞

といった事が、主旋律の切り替わりのタイミングや両アーティストの思想から考察されている。 愛がすごかった。 こと切れるとは 息が絶える。 そんな理性で溢れた人間よりも 率直で素直な 『獣』の方が誇らしい と言っています。 この世は無常 皆んな分かつてゐるのさ 誰もが移ろふ さう絶え間ない流れに ただ右往左往してゐる いつも通り お決まりの道に潜むでゐるあきのよる 着脹れして生き乍ら死んぢやあゐまいかとふと訝る 飼馴らしてゐるやうで飼殺してゐるんぢやあないか 自分自身の才能を あたまとからだ、丸で食い違ふ 人間たる前の単に率直な感度を頼つてゐたいと思ふ さう本性は獣 丸腰の命をいま野放しに突走らうぜ 行く先はこと切れる場所 大自然としていざ行かう そつと立ち入るはじめての道に震へてふゆを覚える 紛れたくて足並揃へて安心してゐた昨日に恥ぢ入る 気遣つてゐるやうで気遣わせてゐるんぢやあ 厭だ 自己犠牲の振りして 御為倒しか、とんだかまとゝ 謙遜する前の単に率直な態度を誇つてゐたいと思ふ さう正体は獣 悴むだ命でこそ成遂げた結果が全て 孤独とは言ひ換へりやあ自由 黙つて遠くへ行かう 本物か贋物かなんて無意味 能書きはまう結構です 幸か不幸かさへも勝敗さへも当人だけに意味が有る 無けなしの命がひとつ だうせなら使ひ果たさうぜ かなしみが覆ひ被さらうと抱きかゝへて行くまでさ 借りものゝ命がひとつ 厚かましく使ひ込むで返せ さあ貪れ笑ひ飛ばすのさ誰も通れぬ程狭き道をゆけ 目次• 自分を殺して無理して人に合わせたり、我慢したり、やりたくないことをやり続けたり…… きっと、死ぬときは、そんな必要全くなかったと腑に落ちるんじゃないかなって考えていたところの、この曲。 同楽曲は、である (うどう ゆみこ、生年月日1969年3月22日)がメインキャスターを務める系の報道番組『』 ニュース ゼロ の主題歌になっています。 試聴する KKBOXを起動 獣ゆく細道 作詞:椎名林檎 作曲:椎名林檎 この世は無常 皆んな分かつてゐるのさ 誰もが移ろふ さう絶え間ない流れに ただ右往左往してゐる いつも通り お決まりの道に潜むでゐるあきのよる 着脹れして生き乍ら死んぢやゐあないかとふと訝る 飼馴らしてゐるやうで飼殺してゐるんぢやあないか 自分自身の才能を あたまとからだ、丸で食い違ふ 人間たる前の単に率直な感度を頼つてゐたいと思ふ さう本性は獣 丸腰の命をいま野放しに突走らうぜ 行く先はこと切れる場所 大自然としていざ行かう そつと立ち入るはじめての道に震へてふゆを覚える 紛れたくて足並揃へて安心してゐた昨日に恥ぢ入る 気遣つてゐるやうで気遣わせてゐるんぢやあ 厭だ 自己犠牲の振りして 御為倒しか、とんだかまとゝ 謙遜する前の単に率直な態度を誇つてゐたいと思ふ さう正体は獣 悴むだ命でこそ成遂げた結果が全て 孤独とは言ひ換へりやあ自由 黙つて遠くへ行かう 本物か贋物かなんて無意味 能書きはまう結構です 幸か不幸かさへも勝敗さへも当人だけに意味が有る 無けなしの命がひとつ だうせなら使ひ果たさうぜ かなしみが覆ひ被さらうと抱きかゝへて行くまでさ 借りものゝ命がひとつ 厚かましく使ひ込むで返せ さあ貪れ笑ひ飛ばすのさ誰も通れぬ程狭き道をゆけ. つまり、したいことがあるなら やり方や過程を考えるのではなく 本能のまま行動すればいい。

Next

獣ゆく細道 歌詞『椎名林檎と宮本浩次』

すでに残りの人生、終わりの一点がぼんやりと見えてくるような年齢になり、感じるところもいろいろとあるんですよね。 どれだけ栄えている人でも 時間が経てば、必ず色褪せてきます。 全ての歌詞に強烈なメッセージが込められているパワフルなサビです。 椎名林檎が敬愛するベンジーに「グレッチで殴って」って言ったみたいに、宮本浩次に自分を罵らせているのが印象的だったし、歌詞にたくさん(わかる人にはわかる)意味を潜ませる作り込み方が似ていると思って。 それは、最後の歌唱部分からも読み取れる。 あああ、でも少し触れましたが、2番のAメロのリズム感と、言葉の間が大変素晴らしくて感動です。 こちらは、いやあ、宮本浩次の奥さん(いないけど)かなと思うほど、彼を知り尽くしたかのような解釈。

Next

椎名林檎『獣ゆく細道』歌詞の意味・考察と解説

そんなタイミングなので、より多くの人がこの曲の味わうために参考にできそうな考察(解説・解釈)をいくつか紹介しつつ、歌詞を意訳して、最後に自分なりの感想をのっけてみたいと思います。 先にとして自分を見出していた、を1番に持って来たとも捉えられます。 この今日のMVも大変熱のこもったものとなっているので歌詞とあわせてご覧になってみてください。 鋭いですよね。 実は「目抜き通り」の続きだったんですねー。

Next

【獣ゆく細道】考察② 歌唱の観点からの解釈。

自己犠牲とは 他者のために、自己の時間 労力・身体・生命をささげること。 そして、「人間たる前の単に率直な感度を頼つてゐたいと思ふ」という部分から 自分らしく生きるためにはまず己の感覚を頼りにすることが大事だと歌われます。 世間体を考え、理性に従い、規則正しく、真面目に生きていることが、死んでいるような日常ならば、生き生きとした人生を送るためにはどうすればいいのでしょうか。 よく解らないけど内耳の浮腫と言われました。 そして、双方のメッセージのやりとり(鼓舞しあっているところ)はどの部分か。

Next