ピボット テーブル。 ピボットテーブルでクラス別名簿を作成する:エクセル2013基本講座

ピボットテーブルを作る

行または列のアイテムの順序を変更する 次のいずれかの操作を実行します。 Excel VBA スタンダード 通信会社勤務の現役サラリーマン。 「右」に列を加えた• ピボットテーブルの作成 元データからピボットテーブルを作成する手順は次のようになります。 Excel がデータをテキストと解釈した場合は、 COUNT として表示されます。 使用可能なスタイルをすべて表示するには、スクロール バーの下部にある [ その他] ボタンをクリックします。

Next

ピボットテーブル|集計フィールドの挿入・編集・削除

ワークシート上にピボットテーブルが作成されました。 ピボットテーブルのレイアウト フォームを変更する ピボットテーブルまたはその各種フィールドのレイアウトを大幅に変更する場合は、次に示す 3 つの形式のいずれかを使用できます。 行フィールドまたは列フィールドを別の領域にドラッグします。 [ 並べ替え] ダイアログ ボックスで、目的の並べ替えの種類を選択します。 ピボットテーブルはキャッシュと呼ばれるデータのスナップショットで動作するため、実際のデータはまったく変わりません。

Next

エクセル(Excel)のスライサー機能でピボットテーブルが強力に [エクセル(Excel)の使い方] All About

地域 などなど、ピボットテーブルは 任意の条件への切り替えが簡単に行うことができるため、集計や分析が非常に捗リますよ! ピボットテーブルのイメージ ここで、しっかりとピボットテーブルがどんな集計を行っていくかをしっかりと理解しておきましょう! まず、ピボットテーブルを使うためには、 集計を行うための元データとなる表が必要となります。 対象となるデータを範囲指定し、〔挿入〕タブから「ピボットテーブル」を選びます。 更に「個数」にチェックを付けると、作業ウィンドウの[値]欄に、チェックを付けた「個数」が入り、自動的に「合計/個数」と表示されます。 ピボットテーブルを作成する操作自体は、難しくありません。 このエリアで数値の傾向や違いを比較します。 表示されていない場合は、リボンの [オプション] タブの [フィールド リスト] をクリックして 表示してください このフィールド リストに並んでいるのは、ピボットテーブルを作成するときに選択した 元データ セル範囲 の 1 行目にある列の項目名です。 値 集計した数値データを表示するために使用します。

Next

ピボットテーブル|集計フィールドの挿入・編集・削除

[ 表示] タブの [ 表示] で、次のいずれか 1 つまたは複数の操作を行います。 ピボットテーブルで、行フィールドを選択します。 並べ替える行または列のフィールドをクリックします。 最適な結果を得るには、データを並べ替える前に先頭のスペースを削除してください。 書式設定を変更または削除する ギャラリーでさまざまなピボットテーブルのスタイルを選択できます。 スポンサーリンク [更新]ボタンの使い方 新規追加 削除 変更 テーブル [更新] [更新] [更新] 非テーブル [] [更新] [更新] 上記表で[更新]となっているものは、元データに行った編集を、[更新]ボタンでピボットテーブルに反映します。 ピボットテーブルで、[ 行ラベル] と [ 列ラベル] セルの横にある小さい矢印をクリックします。

Next

簡単に複雑な集計ができるピボットテーブルの基本

【ケース3】集計の条件・集計結果の表形式を決める場合 最後は、上記の2ケースに該当しないケースでも、 初回の集計はピボットテーブルを用いることがおすすめです。 元々このExcelは集計やデータ分析に特化しているソフトですが、そのなかでも 「ピボットデーブル」は、手間がかからず、瞬時に様々な集計ができる機能です。 商品と金額を対応させたシンプルなピボットテーブルを使います。 フィールド名を右クリックし、適切なコマンド [ レポート フィルターに追加]、[ 列ラベルに追加]、[ 行ラベルに追加]、または [ 値に追加] を選択して、レイアウト セクションの特定の領域にフィールドを配置します。 集計方法の変更 集計方法は、自動で「合計」が設定されていますが、次の手順で「平均」「最大値・最小値」「個数」などに変更できます。

Next

【エクセル初心者向け】関数よりも簡単に集計できる!ピボットテーブルのメリット・活用ケース・活用手順まとめ

このフィールドを使用して、[ 値] 領域内でフィールドの位置を上下に移動できます。 スポンサーリンク ピボットテーブルの作成 それでは、日々記録したデータを集計すべく、ピボットテーブルを作成していきましょう! 集計したいデータがある範囲のうち、どれでもいいので、 どれか1つのセルをします。 そこで、このページでは、• データの入力された表を選択しておき、[挿入]タブから[ピボットテーブル]ボタンをクリックします。 ピボットテーブルで、値を右クリックして [ グループ化] を選択します。 の関数等は使わず 「 手作業でタイムカードを整理(集計) 」• [ 分析]、[ フィールドの設定] の順に選択します。 つまり、 「回転軸のある表」だといえます。

Next