考えて 敬語。 「思います」の敬語・例文・「存じます・考えます」の違い・類義語

間違えやすいビジネス敬語の実例50選【模範解答付き】

どうしても目上の方に「考えてほしい」ということを伝えたいときは「ご検討くださいませ」という尊敬語に言い換えるのがベストでしょう。 「考える」は別の単語にすることで敬語らしい表現にも出来ますが、あまり無理に変化させる必要はありません。 こういった上下関係がはっきりしている場所において、若手や経験の浅い社員は上の立場の人に失礼のないよう注意を払わなければなりません。 例文を挙げながら紹介していくので、自分の「考える」の使い方が間違っていないかを見直してみましょう。 「考える」の類語を敬語に使う 日ごろ無意識に使っているためにあまり深く考えることはありませんが、「考える」の意味はひとつではありません。

Next

「考える」の尊敬語・謙譲語・丁寧語は?敬語の使い方と用例を徹底解説!

「今一度(いまいちど)」に似た意味を持つ言葉• きちんと敬意が伝わる敬語で、「お聞かせください」と表現していきましょう。 言う側も言われる側も 相手が何を意図して「検討する」という言葉を使っているのかを考えると上手く使いこなせますよ!. 丁寧語には、次の2つのグループがあります。 「お聞かせいただけませんか」でも、命令ともとれる失礼に聞こえがちな言葉遣いではなくなります。 「……というか、……ってゆうか」• 「考える」の敬語を使った例文 「考える」の敬語を使った例文を見ながら細かい点を確認しましょう。 まず、尊敬語であれば『考える』という動詞は『お考えになる』という表現が用いられることになります。

Next

考えてくださいの敬語とは?考えろの敬語は存在しない‼例文とNG例

話している内容が正しくても、思いやりの精神に欠けていたり、言葉遣いがおかしければ、相手はその人を社会人として一人前ではないと判断するでしょう。 「ご検討」という言葉を使うことで、相手に対してへりくだった姿勢を表すことができます。 ここではメールなど文章として送る際に使える『考える』の表現方法を紹介します。 「お迎えになったかと拝察いたします」がここでの正しい表現です。 皆様の胸中はいかばかりと拝察申し上げます。 この場合の「今一度」には「物事を同じように繰り返す様」という意味が込められています。 もちろん「お考えをお聞かせ下さい」は間違いではないので、丁寧語で話すべき相手にはこれを使いましょう。

Next

今一度(いまいちど)の意味とは?ビズネス敬語の使い方・例文も

スポンサードリンク 長い時間や、断続的に その内容を教えてくださいとお願いする際に 「ご教授ください」などという敬語になります。 実際にこのようなメールを送る場合は、『期待はしないでくださいね』というニュアンスで相手も受け取ることを覚えておきましょう。 次は、「考える・考えている」を謙譲語へ変換してみましょう 上記では、「考える・考えている」の尊敬語でしたが、次は「考える・思う」の謙譲語になります。 それまでに話した内容について、まとめてその場を締めることを相手に感じてもらいやすくなります。 どちら様でしょうか 「様」がついているためていねいな印象がありますが、意味としては「誰ですか?」という、目上の人には大変失礼な表現です。 社内外を問わず、自分の肉親には敬語を使わない。

Next

「考える」の正しい敬語の使い方とNG例【謙譲語・尊敬語】

」というものでした。 「考える」の尊敬語は、「お考えになる」が一般的に使われています。 「思います」と「考えます」の違いは? 「思う」は、「考える」「判断する」「信じる」「決意する」「想像する」「予想する」などの幅広い意味があります。 「考えている」「考えてください」などよく使う言葉の敬語のマナーは、ビジネスシーンにおいてとても重要ですが、難しいマナーでもなります。 また「考える」という言葉はもともと謙譲語であるため、そのまま使用すると命令口調になったり、失礼な表現になりやすいので注意が必要です。

Next

「ご認識の通り」「その通り」の使い方|メールでの正しい敬語

尊敬語とは、動作をする人を敬う敬語です。 このように、書面にて通知する際の文章として使われることが多く、非常に改まった丁寧な言い方となるのです。 もし「部長は~だと思います」などの表現があっても、これは「部長は~だと、私は思います」という意味です。 また、同じ社内の人間だけでなく来客者や取引先のクライアントと話すこともあるでしょう。 少し変わった変換をした言い方とは… 「考える」の尊敬語・謙譲語には「考える」+に「いる」の謙譲語「おる」を加えて「考えておる」とする使い方もあります。 「~しておる」を「~していらっしゃる」の部分に使ってしまう間違いは若い人によく見られる間違いですので、自分がつい使っているようなら気をつけて直しましょう。

Next

「考える」を敬語に正しく変換しよう!ミスのない表現・類語・例文

「 いつもお世話になっております」が適切です。 又、2つの言葉を使って謙譲語として使う場合の変換例もまとめてみました。 「名」は音読みで「メイ・ミョウ」、訓読みで「な」と読みます。 「討」は「詳しく調べる」「きわめる」という意味です。 似た意味を持つ「もう一度」や「もう一回」よりも「今一度」に続く言葉を強調したい時に使われている少し堅苦しい表現・言い回しの言葉です。 しかし、その直前の「お迎えになられた」については二重敬語になります。

Next