特別支給の老齢厚生年金。 支給開始年齢になったとき|日本年金機構

65歳前にもらえる特別支給の老齢厚生年金で損をしないポイント

4%)の加算額(60月限度)になりますが、厚生年金保険の被保険者等であることによる年金の停止など、年金額に停止額がある場合は、実際に支給を受けられる額に対して加算額を計算することとなります。 この点を誤解して、早く年金を支給してもらうと受け取れる年金額が減ってしまうと思う方がいますが、特別支給を受け取っても受け取らなくても、65歳以上になって支給される老齢年金の額は変わりません。 また、「本来の老齢厚生年金」にも、一定の要件を満たず場合は、届出をすることにより「 加給年金」が付加されます。 そもそも、 老齢厚生年金が2種類ある事をご存じの方がどの程度いるのか。 2〜昭和11. 昭和36年4月1日生まれの男性と、昭和39年4月2日? (図1参照) これは、 65歳になるまでに、一定の生年月日の方に支給されるものです。 これまで、「特別支給の老齢厚生年金」を受け取りながら働いている人は、在職老齢年金を気にして、働く時間を減らして厚生年金から抜けるなどの対策を取っていました。

Next

はじめて老齢年金を受給する際の手続きの方法(60歳~65歳の方へ、必要書類・提出場所・受付開始日などを解説)

現在支給されている昭和20年代までに生まれた人たちも段階的に定額部分の支給年齢が上がってきていて、今では昭和24年4月2日? 現在、年金の支給開始年齢は、60歳から65歳へと、少しずつ引き上げられている状況です。 老齢厚生年金は、ある一定の生年月日の方が65歳前にもらえる「特別支給の老齢厚生年金」と原則として65歳からもらえる「本来の老齢厚生年金」とがあります。 ) 生計維持関係確認のため 義務教育終了前は不要 高等学校等在学中の場合は在学証明書または学生証 等 年金の請求は、預貯金通帳のコピーの添付でも手続きができるようになりました。 戸籍謄本(配偶者および子についての確認ができるもの)• ご自分がどこにあてはまるのかを確かめて、将来設計を確実なものにしたいですね。 老齢厚生年金には、 60歳から65歳の間にも受け取ることができる特別支給の老齢厚生年金もあります。 老齢基礎年金において10年の受給資格期間。

Next

特別支給の老齢厚生年金とは|制度を理解し上手に活用するための知識

名実ともに全員が65歳支給開始に移行するのは、男子は昭和36年4月1日以降生まれの方、女性は昭和41年4月1日以降生まれの方からとなります。 ですので、以下の方は対象外になります。 自営業者やその配偶者、学生などは国民年金に直接加入する第1号被保険者になります。 1 1. なお、厚生年金の加入者は、自動的に国民年金(基礎年金)にも加入していることになっています。 つまり、 給与と年金の合計金額が28万円を超えた場合は、年金が減額になります。

Next

125万人が忘れている「申請しないともらえない年金」をご存知ですか(週刊現代)

厚生年金保険等の加入期間が1年以上。 昭和31年4月2日から昭和32年4月1日= 44,980円• 古くに決まった経過措置であるため、「特別支給の老齢厚生年金」の存在に気付かず「申請漏れ」で受け取っていない方が多いとのことです! しかし、この措置も30年以上経過しているため「特別支給の老齢厚生年金」の存在すら忘れてしまっている人も多いと思われます。 【要件1】加入期間 ・10年以上の受給資格期間(保険料を納めた期間や加入者であった期間等の合計期間)を満たしており、厚生年金保険等に1か月以上加入していたこと。 昭和34年4月1日生まれの男性 昭和37年4月2日? 厚生年金に加入していた方の老齢年金の受給手続き• 000 昭和11. 1 1. 平均標準報酬額の求め方に注意 平成15年より報酬額に賞与を含めて計算する総報酬制になり、 平均標準報酬月額という言葉から 平均標準報酬額という言葉に変わりました。 1 1. 286 昭和3. (図2参照)これは、65歳になると支給されるものです。 「本来の老齢厚生年金」を受給できる要件 「本来の老齢厚生年金」を受給するためには以下の要件を満たす必要があります。

Next

高齢者雇用継続給付と老齢厚生年金の分岐点はどこか計算してみましょう

そして、混乱を最小限に抑える為に、長い時間をかけて、支給開始年齢をスムーズに移行できるように設けられた制度が「 特別支給の老齢厚生年金」です。 60歳前半に支給される「特別支給の老齢厚生年金」は、暫定的に支給されているものであり、いずれ存在が消えてしまう運命にあります。 初回は最初に支給を受けようとする支給対象月の初日から起算して4ヵ月以内に提出します。 72% 1. 詳しくは、下記の記事もご参照下さい。 997 929,591円 H30 2018 0. この「暫定支給する」年金は、平成6年、11年の年金改正時に段階的に終了するスケジュールが決定し、完全に期間限定の年金となってしまいました。 以下の生年月日の方は定額部分も報酬比例部分も60歳から受給できました。

Next

65歳前にもらえる特別支給の老齢厚生年金で損をしないポイント

72% 72% 2. 1 1. ブレインコンサルティングオフィスの北村庄吾さんが話す。 社会保険労務士の北村庄吾氏が語る。 合算対象期間が確認できる書類. 「だって、65歳からでしょ・・・」 そう思うのも当然です。 昭和30年4月2日? 年度ごとの老齢厚生年金報酬比例部分の年金額 報酬比例部分年金額を計算する2通りの方法のうち、今までのところ、私の場合、 従前額保障の年金額の計算方法が使われています。 (2)支給開始年齢の引き上げ 昭和28年4月2日以降に生まれた方については、以下のとおり、支給開始年齢が引き上げられ、昭和36年4月2日以降に生まれた方は、特別支給の老齢厚生年金は発生しません。 「特例」により受給できる金額が変わる場合があります 「特例」には2つあります。

Next

125万人が忘れている「申請しないともらえない年金」をご存知ですか(週刊現代)

手続きに必要なもの それでは、いきます。 (参考:年金住宅福祉協会資料) 現在は、昭和36年4月1日以前生まれ男性、昭和41年4月1日以前生まれの女性が、「特別支給の老齢厚生年金」の受給対象者となり、受け取る権利があります! 現在は、男性は昭和36年4月1日以前生まれ、女性は昭和41年4月1日以前生まれの方が、「特別支給の老齢厚生年金」の受給対象者になります。 63歳 【男性】1957年4月2日~1959年4月1日 【女性】1962年4月2日~1964年4月1日• 997 R01:0. 27% 68% 6. 67% 1. 3ヶ月前に年金請求書が届き、誕生日の前日から提出できる 国民年金のみに加入していた方は65歳から老齢基礎年金の受給権利が生じますが、基本的に 65歳の誕生日の3か月前に「年金請求書」という手続き用紙が日本年金機構から送られてくることになっています。 特別支給は、通常の年金とは切り離して考えるため、該当する年にもらわないと損です。 昭和39年4月1日生まれの女性 報酬比例部分だけが63歳から支給され、定額部分については65歳からの支給になっています。 998 930,523円 H29 2017 0. 692~5. 繰上げはできますが… 60歳以降、特別支給の老齢厚生年金の支給開始年齢までの間で繰上げ受給することができます。 大正15年4月2日から昭和 2年4月1日=224,900円• 「特別支給の老齢厚生年金」を受け取るためには以下の要件を満たしている必要があります。

Next

125万人が忘れている「申請しないともらえない年金」をご存知ですか(週刊現代)

(支給の繰下げができない場合) 老齢厚生年金以外に他の公的年金(遺族給付や障害給付(障害基礎年金を除く))の受給権もあわせてお持ちであれば、希望があっても、老齢厚生年金の支給を繰り下げることはできません。 報酬比例部分 報酬比例部分は、在職時の平均報酬月額に一定乗数をかけて算出します。 詳しくは下の記事をご覧ください。 支給開始年齢になる前に提出された場合は、受付できませんのでご注意ください。 このときも手続きが必要 です。

Next