こないだ 意味。 「こないだ」は方言?書き言葉の場合や日本語として正しいのか

「こないだ」とはどこの方言ですか

日本語には、こんな風に音を短縮することばが幾つもあります。 実際やや古い言い方では、近い過去のほかに、「(現在も含んだ)最近」や「近日中(近い未来)」という意味でも「このあいだ」が用いられました。 また、より丁寧な表現にしたいなら、「その節は」とか「その折は」といった言葉を使うといいでしょう。 例えば、「過日、貴社からご要望がございました電子記録債権の件につきましては~」というように、後に続く書き言葉は、結果の報告、お詫び、提案等の文書が多く使われております。 なぜ、ないのでしょうか。 口頭で「このあいだ」というのは、やや面倒に感じる上、発音がしづらいと感じる人もいるのではないでしょうか。

Next

「こないだ」は方言?意味や正しい使い方・「このあいだ」との違い

話しことばの多くは、書きことばの音を省略した縮約形の言葉がよく使われるので、「こないだ」も元になった「このあいだ」の縮約形とも言えます。 それだけ今までのしきたりを簡略化し軽んじていた事により、改めて敬語は社会人として必要なものだと認識され、近年マナーや敬語の本が増えたのではないでしょうか。 「こないだ」は「この間」の方言だとの説明は一切ありません。 他にも「インスタ映え」については、インスタグラムの日本語版はまだ4年前に入ってきてばかりにも関わらず、今は「インスタ映え」という言葉を知らない人はいません。 英語は大学の教養ぐらいまでしか知りませんのでどうかわかりませんが、英語には前のアルファベットと次のアルファベットがくっついて(子音と母音)発音することありますよね。 ただ、言葉を覚えるのではなく、どのような状況の時に使用するのか学ぶ必要があります。 「先般」の例文としては、「先般のとおり、本日商品を発送いたしました」等、注文という「出来事」があったので、商品を発送しています。

Next

「こないだ」は方言?書き言葉の場合や日本語として正しいのか

そういう場合は、「けれども」と書かれています。 テレビでアナウンサーやタレントが「こないだ」という言葉を使っているのを聞いて、本来「こないだ」を日常使いする生活圏内ではなかった人たちが真似をするようになり、徐々に広まりを見せたのだと言われているのです。 この場合、「れ」と「も」の2つの音を省略しているのです。 「こないだ」は、「このあいだ」の音を縮めた話しことばであって、方言とは言えません。 最後までご覧いただきましてありがとうございました。 比較的使い易いのは「先日は」です。 ただ、全国方言辞典と日本方言辞典標準語引きでは方言の有無によって整合性が合いません。

Next

「このあいだ」と「このまえ」はどう違う?|日本語・日本語教師|アルク

そういった場合は、敬語表現に気を使わなければなりません。 方言?. また、「こないだ」に無理やり敬語を付けても、変な表現になってしまい、これも失礼にあたるので気をつけましょう。 平板式の平板型の種類になり、「こないだ(の)」は四泊の語、「このあいだ(の)」は五泊の語のアクセントになります。 還暦以下の人は、主にテレビでアナウンサーやタレントの影響を受けたのではないでしょうか。 「お菓子をはいよ」)は「拝領」から、とか。 「このあいだ(の)」はイメージが「ドレレレレレ」です。

Next

「こないだ」は方言?意味や正しい使い方・「このあいだ」との違い

日本語には、会話でよく使われる話しことばと、本や紙に書かれた文章などで使われる書きことばとがあります。 日本語には話しことばと書きことばがあり、話しことばには、縮約形が多いのが特徴です。 一口に方言と言っても、実は幾つかのパターンがあります。 作家の意味の取り方やニュアンスにもよりますので、意図する事を読み解く必要もあります。 それは、方言辞典にも、広辞苑にも掲載されているからなのです。

Next

「こないだ」とはどこの方言ですか

ことばの意味(語彙・意味・語源) 分類:単語の意味(このあいだ) 「このあいだ」と「このまえ」はどう違う? 結論から申し上げると、現代日本語において「このあいだ」と「このまえ」は同じ意味である、と言って問題ありません。 この縮約形とは、ことばの途中の複数の音を縮めて、短くしたことばのことです。 「こないだ」をメールに書くなら、「この間」を敬語表現にしなければなりません。 うっかり「こないだ」や「このあいだ」等、普段の言葉をビジネスの場で言わないよう、敬語の本がいくつか出版されております。 「インスタ映え」するスポットや、食べ物、ポーズの仕方等紹介された事により、年齢関係なく「インスタ映え」するよう試行錯誤して写真を撮る程テレビの影響が出ております。

Next

「このあいだ」と「このまえ」はどう違う?|日本語・日本語教師|アルク

真ん中はずっと平坦な音で、型は起伏式尾高型の種類になり、「こないだ(の)」は四泊の語、「このあいだ(の)」は五泊の語のアクセントです。 おそらく、書き言葉として表現する際は、どの地域の人も「このあいだ」であることが多数であるはずです。 しかし、それに対して日本各地で使っているとのコメントが寄せられています。 そんな「こないだ」ですが、書き言葉としては用いないのが一般的でしょう。 三松堂大辞林では「甲州弁」「大阪弁」「和歌山弁」「鳥取弁」との記載が見られます。 また、ネットでは東北地方でも使われているという情報も見受けられます。

Next

『こないだ』の意味や正しい使い方!『このあいだ』とは違うの?

『こないだ』という言葉が方言なのか、方言ではないのかということを調べてみると、どちらの意見も正しいようです。 特に気を付けたいのは、お客様や目上の方に送るメールです。 そんな、日本中で使われることばは、方言とはいえません。 ちなみに「このごろ」も古い言い方では近い未来を指し示すことができましたが、現在では「このあいだ」と同様未来を指すことはなくなってきています。 ただ、同僚や部下といった立場が同等、或いは下の者に対しては「この間」という言葉を使ってメールをする場合が見受けられます。 目上の方や、年下でも先生という立場の方には「こないだ」や「この間」と書き言葉として使用してはいけません。 よって「こないだ」も全国的になったと考えられます。

Next