花 より 男子 二 次 小説 類 つくし。 L'homme du destin 〜運命の人〜 花より男子二次小説

渡れない天の川(後)(類×つくし)

「道明寺、なんて・・・・・?」 「・・・・・牧野を、N. 着て来いよ』 「なんで・・・・・」 『俺が、プロムに行くからだ。 「おい、総二郎。 「こちらは、佐伯稜さん。 。 「あれ?佐伯君??」 花沢類が、稜に気付いた。 忙しいのにごめんなさい。

Next

新たな道へ 16

稜には、お付き合いを辞めなさいと言ったけど。 まさか、道明寺の娘と、稜が付き合っているだなんて、夢にも思っていなかった。 送り主は『道明寺司』。 司の娘だし、小さい頃から知ってるけど?」 「それが、どうかした??」 「、、、うん。 」 「母さんも、会ってみたかったし、オッケーしてくれたら嬉しいわ。

Next

新たな道へ 16

そんな、玲人の姿に、彼女も惹かれていき、2人の距離が縮まっていった。 。 」 「今回の事は、梓のワガママでしかないんだ。 オレが悪かった、、、。 ドレス素敵だね。 所謂、記憶喪失になってしまったのだ。 道明寺がどういうつもりでこんなもの送ってきたのか知らないけど、あたしは、もう道明寺とは何の関係もないんだから」 真っ直ぐに類を見つめながらそう言うつくしに、類はほっとしたように少し微笑み、その髪に手を伸ばした。

Next

新たな道へ 15

」 「はじめまして。 それから、玲人は、週1回彼女の働くレストランに、通うようになった。 以前も書いたように「花より男子」は、登場人物それぞれの性格描写が実によく出来ています。 へ連れて行くって」 「は?」 つくしは目を丸くした。 彼女、欲しい物は何でも手に入っちゃうみたいだし。

Next

渡れない天の川(後)(類×つくし)

「それで?彼女とは?」 「それっきり、、、音信不通です。 今花沢物産が新規事業に映画産業に入ることは知ってるな?」 花沢類は無言で頷いた 「そこで、先日出版社へ行って依頼してきたが・・・ 類、お前にその新規事業の責任者になってもらいたい。 」 「じゃあ、、、何?」 つくしの様子に、何か感づいたようだったが続けた。 その様子を、離れたところから、偶然司が見ていた。 2011年2月6日の記事 正義感が強く、実際的な長女気質のつくし。 」 「私、どうしたら。 」 「、、、そう」 「ごめんなさいっ!こんな事、相談できる人いなくて。

Next

L'homme du destin 〜運命の人〜 花より男子二次小説

司の娘だし、小さい頃から知ってるけど?」 「それが、どうかした??」 「、、、うん。 どういう経緯かは、わからないんだけど、その梓さんと、稜がお付き合いしてるみたいなの。 そして、お互いに愛し合うようになっていった。 2人の様子を見ていた司。 卒業式には間に合わないが、プロムには行く予定だ』 「どうして今更?今まで音沙汰なかったくせに・・・・・急に帰ってきて、牧野を返せって?」 『・・・・・帰るんじゃない。 」 「母さん。 「ひゃあ、何?」 「・・・・・携帯、牧野の」 「あ・・・・・」 つくしが首からかけていた携帯のバイブの振動だった。

Next