甘露寺 みつりイラスト。 甘露寺蜜璃 (かんろじみつり)とは【ピクシブ百科事典】

鬼滅の刃伊黒甘露寺に一目惚れ?カプ名おばみつで靴下や文通関係?

関連イラスト 関連タグ (タグ) 主人(鬼殺隊当主) 97代目当主 師匠 特に親しい人物 (、) 気になる? 他の同僚() 関連・類似キャラクター• 学園のOGで、現在は近所の芸術大学に通っている。 もしかすると隊服の露出を控えてほしかったのかもしれませんね。 人物 たいへんに惚れっぽいらしく、 「さんしつこくて素敵」「さん一人ぼっちで可愛い」「しのぶちゃん怒ってるみたい、カッコいいわ」等々、周囲の一挙手一投足に逐一キュンキュンときめいてしまうという、 謎の乙女チックな感性を持つ。 途中一度意識を失うという窮地に陥るも、炭治郎達の助力によって復活。 だが蜜璃が常人の8倍なのに対し、若槻はなんと常人の 52倍もの筋繊維密度を持っている。 ()…にはぞっこんの乙女チックな性格で、素手で岩を砕くほどの腕っぷしの強さを誇り、 700個ものデザートを一人で平らげるほどの大食い等の部分が共通する。

Next

甘露寺蜜璃(かんろじみつり)の過去とは?特異体質のせいで不遇に生きた女

だが、だんだん自分を騙すことに疑問を覚え、 「ありのままの自分ができる、人の役に立つことがしたい」と思い立って、鬼殺隊に入隊した経緯を持つ。 特別な繊維でできており、通気性はよいが濡れ難く、燃え難い。 。 ただ、個人的には伊黒が蜜璃を好きで狙ってるというよりも、年上女性が妹や後輩を可愛がってるように見える — 金銀パール kinginpl 伊黒は甘露寺に一目惚れしていたということが判明しましたが、二人の親密さは漫画本編でもいくつか描写されていました! 実は伊黒が甘露寺に靴下の贈り物をしていたり、二人が文通を交わしていたり…? ここでは、そんな二人の関係性の手がかりとなるエピソードをいくつかご紹介していきたいと思います。 さらにはアニプレが製作に関わっている点もある。

Next

甘露寺蜜璃(かんろじみつり)の過去とは?特異体質のせいで不遇に生きた女

出品者情報 ご覧いただき有難うございます。 女性が肌を晒すのは「はしたない」とされる日本では、甘露寺の着こなしは余り行儀が良いとは言えない。 伊黒さんが頑張っているから私も頑張ります。 作中に登場キャラクターでは継子などほとんどいないので、それだけ当時から彼女には隊士としての素質があったことが伺えます。 その一方で、を倒して尚生き残った炭治郎を気遣って褒め、動機こそとんでもないものであったが戦いに関しては自分なりに覚悟を決めており、「お互い生きていたらまた会いましょう」と別れ際炭治郎に発している。 この奇抜な隊服(上述の通り開いた胸元に加え、現代で言う)はが勝手に作って持ってきたものである。 ただ気が合わないなどの理由で破断したわけではなく、 彼女の見た目や体質が原因でした。

Next

鬼滅の刃伊黒甘露寺に一目惚れ?カプ名おばみつで靴下や文通関係?

漫画「鬼滅の刃」伊黒は甘露寺に一目惚れでカプ名おばみつまとめ みつりちゃん絡むと小学生男子みたいな嫉妬の仕方する伊黒さんもかわいいねww — スイ🔥プロメアLIVE夜 suicos3 今回は、漫画「鬼滅の刃」の伊黒小芭内が甘露寺蜜璃に一目惚れしているのか、おばみつというカプ名の意味、靴下の贈り物や文通関係の真相についてまとめてみました。 もう無理!! 明日も頑張ろうと思えました。 容姿 生来は黒髪であったが、 好物のをあまりにも大量に食べ続けたため、十歳頃には頭頂から肩口までは桜色、そこから先に行くに連れて黄緑色へと変色していくという、珍妙な髪色に変わっていたという トンデモ体質その二な人(その一は)。 イラストは全てクリアファイルに入れダンボールで補強し、雨濡、折曲対策をし発送しています。 また、玄弥に挨拶を無視されただけで取り乱して炭治郎に泣きついたり、その後すぐ彼から松茸ご飯が出ると聞いて機嫌を直すなど、を除いて寡黙で冷静な性格の多い『柱』の中では珍しく、天真爛漫かつ感情豊かで表情がコロコロと変わる。

Next

甘露寺蜜璃 (かんろじみつり)とは【ピクシブ百科事典】

炭治郎が伊黒との柱稽古に出向いた際に発覚しました! 伊黒に対して甘露寺もまんざらではない様子なので、本当に仲が良いんでしょうね。 そこから更に鬼殺隊として鍛え上げられ、柱として死線をくぐり抜け続けてきたその身体は、力を込めればすら驚愕させるほどの剛(つよ)さと堅さを発揮する。 ほわほわとした性格の彼女は、その時のことがとてもショックでした。 そして彼女はお館様である産屋敷耀哉と面談することになります。 」と もの凄い悲鳴を上げる程追い詰められたが、寸でのところで炭治郎が半天狗の本体を斬った為、憎珀天とそのである石竜子が消滅。 実家は五人姉弟であり、鬼であるにも好意的で、くすぐって遊んだり、頭を撫でたりして可愛がっていた。 本人もこの恥ずかしい服装を疑問に思ったが、隠の自信満々な態度から女性隊士は皆こうなのだろうと思ってしまったらしい(真相を知ったのは、同じく女性隊士であると柱合会議で対面してから)。

Next

甘露寺蜜璃 (かんろじみつり)とは【ピクシブ百科事典】

炭治郎に嫉妬する 甘露寺が炭治郎と稽古している様子を、余程楽しそうに手紙に書いたためか、かなりわかり易く「馴れ馴れしく甘露寺と話すな」と牽制していました。 柱の例に漏れずぶっ飛んだキャラクターだが、への憎悪に凝り固まった他のメンツと違い、思考が柔軟かつ穏健な優しさの持ち主。 甘露寺蜜璃の関連人物名言• 異性にモテモテだが本人は気付いておらず、彼氏募集中。 彼女は1歳2か月の頃に、妊娠していた母親のために15キロもある漬物石を持ちあげていました。 。 Sponsored Link 【自分の力を役立てるため鬼殺隊に入隊】 お見合いが破談したことで一時期は特殊体質を隠していた彼女ですが、自分に嘘をつかないようになってからは自分が持っている力を活かせる場所を探し求め、鬼殺隊にたどり着きます。 過去 もともと鬼とは無縁の生活を送っており、17歳でお見合いをすることに。

Next

自作イラスト 鬼滅の刃 甘露寺蜜璃

更に続く101話にて、『柱』になった理由を炭治郎に訪ねられたところ「 添い遂げる殿方を見つけるためなの!!」と語っており、 結婚相手を探す為だと判明。 詳細は個別記事を参照。 作品は予告無く早期終了する場合があります。 最後には自分に嘘をつくのを辞めて、自分らしさを隠さないようになります。 実は甘露寺は、かなりの大食漢で成人男性8人分相当の筋肉密度がある体質であり、気味悪がられることが多かったそうです。 Sponsored Link 【生まれつきの特異体質と桜色の髪】 彼女が柱に上り詰めることが出来た理由の一つとして、特殊体質だったからと考えることが出来ます。 鬼殺隊見聞録によると、 伊黒は甘露寺に対して「一目惚れ」だったということが書かれていたようなんです!! 普段クールフェイスで、他の鬼殺隊士に対して一切の信用を許さない伊黒が、まさか「一目惚れ」していたなんて何だか人間らしさが感じられてほっとしますね^^ さらに公式情報では、伊黒が甘露寺に初めて会ったとき「 あまりの可愛さに度肝を抜かれ た」ことが書かれていました! 自己紹介もままならない様子だったため、蛇の鏑丸もパニックになってしまい噛み付いてしまうほどだったようです。

Next