鏡開き いつ。 鏡開きの日とは?2020年はいつ?やり方・由来・禁止事項・餅レシピ [暮らしの歳時記] All About

【2020年】鏡開きはいつ?由来と意味やマナーを教えて!

それは次のような経緯があったためと言われています。 2020年の鏡開きはいつ? 1月11日が一般的 鏡開きは「松の内」が明けた1月11日に行われるのが一般的です。 鏡開きにはお餅をいただきましょう 子どもの頃は、神棚には大きな鏡餅を飾り、勉強机などにも小さな鏡餅を飾ったものです。 鏡開きの意味は? お正月には鏡餅を飾りますが、それは単に飾るだけでなく、神や仏へのお供えという意味もあります。 また、鏡餅を食べることは 「歯固め」と言われ、硬いものを食べることで歯を丈夫にし、歳神さまに長寿を祈るためだと言われます。 このとき、武家の間で広まったため 刃物ではなく木槌で割ることになり、 鏡開きと呼ばれるようになったんですね。

Next

鏡餅、いつ下げる? 鏡開きは、いつどうやるの?割り方・食べ方を教えて!

2000年をとうに過ぎた今も、私たちは、毎年、「鏡餅」を飾り、下げたら鏡開きとして、鏡餅をいただくのですから。 神話の時代に天照大御神が瓊瓊杵尊に与えた三種の神器の内の一つ 八咫の鏡(やたかのかがみ)の形をかたどったものが 鏡餅と言われているそうです。 江戸城では、昼食の前に女中たちにもお汁粉がふるまわれたとのこと。 この松の内は、昔は元日から1月15日とされていたため、鏡開きは1月20日に行われていました。 ですから、小さなかけらも残さず食べてください。 鏡開きした鏡餅は、鏡開きの日に食べるようにしましょう。 地域によって鏡開きの日が違う理由は? 昔は二十日正月に行っていた 今は、一般的に1月11日に行われる鏡開きですが、昔は 「二十日正月」といって、1月20日に鏡開きを行っていました。

Next

2020年の鏡開きはいつ?どんな意味がある?

また、昔は 二十日正月といって、20日に鏡開きを行っていたのですが、徳川三代将軍・徳川家光が慶安4年4月20日に亡くなったため、月命日の20日を避けて11日になったと言われています。 揚げたてのかき餅は、とても香ばしく美味しく食べることができます。 松の内に関しても全国的に1月7日までなのですが、関西では多くの地域が1月15日までです。 2020年はいつ鏡開きをするの? 鏡開きの日は毎年同じですが、 地域によって異なります。 鏡開きはもともと武家から始まった行事の為、鏡餅に刃物を使うのは 切腹を連想させるので無礼とされていました。 鏡開きの正しいやり方とは? 鏡開きのやり方と言うやり方はありません。

Next

鏡餅、いつ下げる? 鏡開きは、いつどうやるの?割り方・食べ方を教えて!

一方、松の内は、小正月である15日まででしたが、松の内の間に鏡開きを行うわけにはいかないので、11日より前の7日までとなりました。 大小様々でいろいろな形のお餅ができ、ぜんざいに入っている餅の大きさがまちまちでした。 カビはほんの少し生えていると、目に見えないだけで、すでに奥深く広範囲に根を張っていると言われています。 お餅に水をつけ、レンジで20~30秒程度加熱すると硬かったお餅がやわらかくなり、小分けにしやすくなります。 鏡開きには、必ず歳神さまの魂のこもったお餅をいただくようにしましょう。 鏡開きとは?意味・由来 では、鏡餅をずーっと飾っておいたり、食べずに処分してはいけないのでしょうか? 鏡餅を飾っておくだけだと、年神様にお供え物をしたにすぎません。 一般家庭に、木槌はないことが多いですから、金槌を使うことになるでしょう。

Next

【2020年】鏡開きはいつ?由来と意味やマナーを教えて!

ただし、酒樽を利用した鏡開きも別に存在しているので、使い分けには注意しましょう。 また、「鏡」は「鑑みる(かんがみる・良い手本や規範に照らし合わせて考える)」という言葉にあやかり、 「かんがみもち」と呼んでいたのが変化して「かがみもち」になったとも言われています。 ということで2020年の鏡開きは 関東では1月11日(土) 関西では1月15日(水)または1月20日(月) になります。 大小二段のお餅は 「月と太陽」 「陰と陽」を表していて、 「円満に年を重ねる」 「夫婦和合」などの意味が込められています。 ですが 「割る」という表現も縁起が悪いということで、縁起の良い末広がりを意味する「開く」という表現にし「鏡開き」と言われるようになったのだそうです。 「松の内」とは お正月飾りを飾る時期のこと。

Next

2020年の鏡開きはいつ?どんな意味がある?

関東も関西も元々 松の内は1月15日、鏡開きは1月20日とされていましたが、江戸時代に徳川三代将軍家光が慶安4年4月20日に亡くなったことで、徳川幕府のお膝元関東では『月命日の20日に行事を行うのは避けよう』となり、鏡開きは1月11日になったとされています。 しかし、関西方面までは広まらず、全国的に定着することはありませんでした。 なお、割るという言い方も神様に失礼だということで、鏡餅を下げて食べることを鏡切りや鏡割りではなく、鏡開きと呼ぶようになったと言われています。 さらに、鏡餅には「歯固め」という意味もあり、鏡開きは「歯固め」の儀式に由来します。 つまり、鏡餅の鏡開きも、樽酒の鏡開きも、新たな出発に際して健康や幸福などを祈願し、その成就を願うということ。

Next