セリーグ 戦力分析 2020。 プロ野球戦力分析【阪神編・2020開幕】: トラファンニッキ。

プロ野球戦力分析2020!12球団の先発ローテーションと中継ぎ予想!

ドラフトでは1位で森を指名し、これは以来の10年ぶりの高校生指名で、数年後を考えたドラフトも意識できるようになってきた。 野手編に関しては、RC27を使う。 それではやはり上位にはいけません。 また、小園も今シーズンの飛躍が期待される若手で、まだ2年目だが昨年よりは成績を上げるのではないかと予想する。 92で、2019年の成績でリーグで巨人に次ぐ2位だった。 00を超える選手は他球団をみてもあまりおらず、十分打線の軸としての役割を果たしていたといえる。

Next

プロ野球2020セリーグ最新順位予想まとめ!解説者と戦力分析も!

11 ID:aNOtVdQu0. 計算されたRC27は、リーグ2位だが圧倒的な差とまではいえず、得点寄与度が高い1番から4番までのRC27はリーグトップである巨人の6. 500 2. 92で、2019年の成績でリーグで巨人に次ぐ2位だった。 net 阪神もさすがに今日は勝つんじゃ? 「先発は不安」との声もっ聞こえるが、バラエティーの富んでいて面白い陣容に見える、 山本由伸に関しては沢村賞クラスの活躍は間違いないと予想しているので、これは凄まじく大きなアドバンテージになると思う。 先発も中継ぎも頭数は多いし、投手の育成は上手いチームなので何とかなるでしょう。 戦力が充実し、毎年のように「今年のオリックスは面白い」と言われている気がするので、今年こそはあの2014年の火の出るようなシーズンを期待しています。 外国人に関しては先発の補強は無かったが、森下がローテに入ってくるならばそれだけで文句無しだ。

Next

プロ野球の順位予想2020セリーグ!データと最新の戦力分析から!

そろそろ二桁勝利をして欲しいですね。 一位は巨人です。 18 ID:tCXjQZUMd. 巨人、DeNAよりも高い数字が計算された。 表2 巨人と同じRC27、5. ・総評 先発陣に不安があるものの、リリーフや打線は他球団と比べても優れている点が多く、総合力で見れば今季も優勝可能な戦力となっている。 そして外野も外国人のパーラを獲得してきて両翼どちらかを任せる形になりそうだ。 5 長谷川加入 1 坂口UP 1 村上UP 1 塩見UP 2 原UP 0. まず退団組みです。 今シーズンは固定が予想され、成績をさらに伸ばすのではないかと予測する。

Next

2020年【オリックス】契約更改(年俸一覧)戦力分析+新戦力情報(新外国人・トレード)

亀井の成績の落ち込みも考えられるが、仮に亀井が成績を落としても、層が厚いので5番バッターは標準以上の成績は残せるだろう。 今シーズンはバティスタが退団しており、長打力が落ち込んだ。 ただ、そこは今年加入したエドワーズ投手とスアレス投手がいれば十分埋まります。 ・期待のプロスペクト 伊藤 裕季也 昨年、1軍に昇格した際は57打席と少ない打席数ながら、打率. 総括 ここまでセリーグ6球団のオーダーと成績を予測してきた。 張 奕• net投稿限界:Over 1000 Thread 2ch. 0で強打者、9. 5 坂本ダウン 0. 5 中崎UP 0. 引用: 同じく3軍制を敷いているソフトバンクは、抱えている選手の数が他球団と違う。 5です。 ・期待のプロスペクト 中山 翔太(外野手) 昨年は1軍で100打席を経験し、打率. サード争いはマルテが攻守でリードしており、昨年4番を打った大山は外野の練習を開始して出場機会をうかがう。

Next

プロ野球戦力分析2020!12球団の先発ローテーションと中継ぎ予想!

一人前のモノノフ目指して頑張ります! ライブ潜入・モノノフインタビューetc. 296• 韓国リーグから移籍のサンズ選手とともに主軸を担います。 また、盗塁数こそ9個と少ないですが 本塁打13・打点55は1番打者としては多い数字。 284ながら 出塁率. リリーフ陣は、エドワーズ、スアレス(ソフトバンク)の2人を勝ちパターンとして期待。 そんな中、 次世代のスター候補として注目したいのが山下です。 先発ローテーションが安定すれば、勢いに乗って一気に駆け抜ける可能性あえあります。

Next

プロ野球の順位予想2020セリーグ!データと最新の戦力分析から!

続いて、既存選手の上乗せです。 年齢のことも考えると、成績悪化の可能性がある。 foredooming. そこで、仮に1番を長期離脱した吉川ではなく若林(RC27で4. 500 2. 田嶋 大樹• ない場合は未入力。 予想オーダーに関しては、昨年の成績を元に、新戦力を加味して予想している。 成績も2桁勝利 11勝 こそ挙げたものの3. 正直、40歳の石川投手が未だに開幕投手をやるようでは厳しいと言わざるをえません。 上位打線がこれ以上成績を向上させることは、あまり期待できないため下位打線の厚みを増したいところだろう。

Next