マネーショート cds。 「マネー・ショート」を見る前に知っておくとよい知識

マイケル・バーリ 慧眼の相場師

それでアカデミー賞で一気に脚色賞をゲットしましたし。 で、一旦システムが文字通りメルトダウンし始めると、その被害の広がりは元の事業責任者がもう取れる責任をはるかに超えて……っていうか、どこまで責任が広がっているか、CDSもそうなんですけど、どこまで行ってるかわからない。 そこで、この映画をより楽しむために、事前に知っておくとより楽しめるだろうと思われる「3つの専門用語」を解説していく。 空売りで利益を得る手段 クレジット・デフォルト・スワップ(CDS) この映画の中では「クレジット・デフォルト・スワップ」という金融取引で、ウォール街を出し抜く計画を立てます。 定期的な一定金額の支払と引替えに、特定の企業に関して一定の 信用事由として規定された事由の発生があったときに一定の方法による決済を行うことを約束するもの。

Next

マイケル・バーリ 慧眼の相場師

その難解な物語を、多くの人にとって身近な積み木やクッキング、ギャンブル等になぞらえることで、一々理解させるのではなく、テンポ良く感覚的に掴むことを目指した手法は秀逸でした。 マイケル・ルイスさんが書いた原作のノンフィクション。 モーゲージ債の入ったCDOは債務不履行(デフォルト)しない? 当時の米国の投資家や世界中のCDO債権を売買していた投資家は、モーゲージ債が債務不履行しないと考えていたのでしょうか? それは、ファニーメイ(米連邦住宅抵当金庫)とフレディマック(米連邦住宅貸付抵当公社)という会社が多く関係しています。 1991年には、このバブルも弾けてしまうのです。 チャーリー・ゲラー(モデルはチャーリー・レドリー) - ()()• こんなはずじゃないのにな」って落ち込む。

Next

マネー・ショート 華麗なる大逆転はHulu,wowow,Netflix,UNEXT,dTVのどれで動画配信しているの?

この映画をきっかけに金融に興味を抱くことを望んでいるのかも知れない。 それは何か、そしてそれが何を意味するか、各自で考えてみてください。 MBS(モーゲージ債)、CDOとCDSなど勉強させてもらった(多分すぐ忘れる)が、70年代における銀行家が住宅ローンの固定金利をまとめて証券化してしまったことが発端。 『サタデー・ナイト・ライブ』の作家出身という。 更に住宅ローンの返済の滞納が増加したため、市場でのサブプライム・モーゲージの購入者は減り、サブプライム・モーゲージの価格は下落した。 それは2007年頃まではアメリカの住宅価格は高騰し続けていたからです。

Next

マネー・ショート 華麗なる大逆転の上映スケジュール・映画情報|映画の時間

当時の関係者の証言によると格付け会社は、CODのリスクは認識していたが、低い格付けをつけると仕事が相手にとられてしまうという理由から高い格付けをつけていた様です。 それこそ著名人が、セリーナ・ゴメスとかが出てきてですね、いろんなたとえを使って説明する。 当初から貸し手側は返済不能に陥ることは予測していましたが、担保の住宅を転売することで債権を回収するつもりだったのです。 しかし、2000年代のアメリカではローンは無審査で通っていました。 「空売り(Short Selling)」は、「ショート」の一形態(若しくはそれに至るアクション)でしかないのだ。

Next

映画『マネー・ショート』をより楽しむための3つの知識

総量が把握できない。 関連記事 姉妹サイト「」より• 諦めて途中で手放せば大きなリターンは得られない。 ) <キーワード> 「サブプライムローン(Subprime Loan)」 本来の意味は「プライム(優良)よりは劣るローン」。 信用力(返済能力)の低い低所得層でも住宅を買えるように設計され、住宅市場の急拡大に併せてバンバン実行された住宅ローン。 この作品で一番好きなのは、度々挟まれる複雑な専門用語をセレブやシェフが解説してくれるプチコーナーだ。

Next

宇多丸、映画『マネー・ショート華麗なる大逆転』を語る!by「週刊映画時評ムービーウォッチメン」2016年3月12日放送

誰もがサブプライムローンを含む住宅ローンは破綻しないと思い込んでいたときに、破綻する方に賭けたんです。 話がやや細かくなりますので、よりベーシックな部分を大雑把に見ておきたいという方は、ぜひ以下の記事をご覧ください。 在任中の規制緩和が危機を招いたと批判されている。 CDSの取引とは? プレミアム(保証料)を支払ってCDSを買うと、そのCDSが対象としている債権がデフォルト(債務不履行)となった場合に、その損失を保証してもらうことができます。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・ 難しい金融用語やサブプライムローン問題に関する用語が特に説明も無くポンポン出てくるので、ある程度知識があることは前提になっています。

Next