ハイエース レトロ カスタム。 ハイエース 新車コンプリートカー販売|カスタムガレージ スパーク

九州16店 ハイエース専門ディーラー・カスタムショップ

ハイエースは、内装の内張りをクリップで固定しているのですが、この内張りクリップの場所が初心者には分かりづらい場所に配置されています。 他にも防水のシートカバー、荷物を運ぶコンテナやキャンプでも使えるテーブル、折りたたみ椅子など、釣りやキャンプ好きな人にもピッタリのブランドです 全国のオートバックス各店舗や、で購入できます。 そんなときはフロントリップ・ハーフスポイラーカスタムがおすすめ。 次回もお楽しみに! 筆者 オマドーン 元自動車雑誌編集者で、現在はフリーランスフォトグラファー・ライターとして活動している。 そのため、しっかりと手順を把握してクリップを壊さないように丁寧に外してあげましょう。 このたびハイエースの目元を丸目に換装するカスタムキットがカーショップ「フレックス・ドリーム」から登場。 ローダウンも構造変更に納車!! 令和新時代を迎えた今、50年を超えるトヨタ車の中でも歴史の長いモデルの一つです。

Next

【車好きがこだわる】レトロさで人気急上昇中! トヨタ ハイエース100系のカスタム車 クラシックカーゴ

たまたまハイエース千葉北店に入庫し、すでに販売済みの車両ですが「こんなハイエースもある」ことを知っていただきたいのでご紹介させていただきますね。 前後艶消しバンパーにデザインされたメッキ調の大型モールは、鉄製のバンパーをイメージしたもので、これもクラシックイメージを盛り上げる大きなポイントになっています。 ウインドウ周りのバイザーは豪快に取っ払い、両面テープの糊をあえて残したまま、その上にペイントすることでヤレ感を強調。 純正バンパーをまるごと交換してしまうのでハイエースバンのイメージが激変します。 外装カスタムの基本となったのはエイジング処理。

Next

ハイエースバン カスタムまとめ

「現場に道具を積んで行って働いている方のイメージがありました。 見た目をイメチェンしたいなら間違いなくコレです。 生誕50周年を迎えるハイエースをますます楽しんでほしいという心意気でもある。 インテリアはナチュラルウッドで、良い景色を見ながらコーヒーが飲みたくなる室内空間です。 GMLVAN V-01 ハイエースコンプリートカー オートサロン2019 四角さが増したボンネットとグリルに丸目の4灯ライトのフェイスはVWヴァナゴンをモチーフに開発されたデザイン。 クルマありきではなくユーザーありきで考えていきたいと思っています」と次回作への意気込みを語った。 タイヤはTOYOのオープンカントリーRT、そしてJAOS(ジャオス)のタイプXオーバーフェンダーも装備。

Next

ハイエース200系丸目カスタム【リフトアップ・LINE

ボディのヤレも本物志向を貫く。 誰が見てもレトロそのものなデザインですから、どこから見ても現代によみがえったオールドアメリカンバンそのものですよね。 室内の小物類も装備に含まれません。 。 そこでセットならお得に出来るんじゃないかと考え出来たコンプリートモデルです。 ご希望のライフスタイルにあわせた 「世界に一つのわがままなハイエース」を、お客様と一緒に作り上げていきたいと思います。

Next

ハイエース コンプリートカー

迫力満点のバンパーガードやルーフラックは当時ワンオフしたアイテムだ。 ハイエースリノベの依頼は佐田工務店までヨロシク!! また、バンパーを外さないと出来ない作業を「一つ一つバラバラでする事」によって、バンパーの脱着工賃がその作業の度にかかってしまいます。 お近くのディーラー・ショップがあればぜひ覗いてみてはいかがでしょうか。 さらにシーリングの照明にもこだわる。 また、フロントのマットブラックに沿ったメッキパーツも特徴的だ。 IPF製LEDライトバーを装備。 住宅内装を得意とする佐田工務店としては腕の見せどころだ。

Next

ハイエースがお洒落でレトロモダンな隠れ家に! ヴィンテージシリーズ RETREAT(リトリート)|ダイレクトカーズ【Vol.4】

純正流用も見逃せないのがホイールカスタムです。 納車時からエアロをつけられないの?ホイルを変えての納車は? 80%のお客様が何らかのエクステリアパーツをお望みでした。 今持っているハイエースをキャンピングカー仕様にしたりベッドや電源を取り付けるとき専門ショップに相談できると安心ですよね。 車両撮影やイベント取材も積極的に行っており、様々な才能を多方面で発揮しているマルチプレイヤーだ。 オリジナルベッド部分は用途に合わせてレイアウトを変更することができるので、ゆったりをする事もできちゃいますよ。

Next

ハイエースの内装をカスタム!純正パーツをdiy/塗装でおしゃれに!

200系ハイエースのカスタムと言えば、街中で見るのはエアロ系ローダウンスタイルが主流ですよね!もちろんローダウンスタイルはflexdreamでも主流の人気カスタムですが、今回ご紹介するのはアウトドアでも使い勝手も抜群の上げ系リフトアップスタイル! ハイエースを使ってアウトドアにお出かけしたい!という方にもご好評いただいており最近では人気急上昇中の上げ系スタイルです。 ちなみに、佐田工務店へのカーリノベはフレックスを通してオーダー可能。 。 0インチ 玄武のローダウン必須アイテム装着済みの デモカーに試乗できます!! 家具などのハウスインテリアに使用される特殊な塗料を使って処理を繰り返した。 足もとにはクリムソン製DEEN CROSS COUNTRYをセレクト。 。

Next

【売れてるのはコレ】レトロな角目4灯カスタムが女性からも人気! トヨタ ハイエースワゴン Renoca コーストライン

昔の自動車はヘッドライトの交換が簡単にできる事や、製造コスト削減のために汎用サイズのヘッドライトがさまざまな車に多く採用されていました。 その青とベージュという組み合わせも、明るいけれども派手すぎず飽きない色合いです」とこだわりを語る。 なのでTRD"風"エアロです(笑) 気になるフィッティングもまずまず。 使い勝手はもちろん、室内での居心地の良さも実現します。 巨大なラックは元から付いていたものだが、外装の迫力アップに一役買っている。 そのため昔の車のヘッドライトは丸いモノが多く、その印象から丸いヘッドライトを見るとレトロな雰囲気を感じるのでしょう。 そして、「単にレトロなだけではなく、どこか新しさも感じさせたい」と説明する。

Next